離婚の時、住宅ローンが残っている状態で家を売る場合

離婚と住宅ローン自宅を売る場合の問題点

 

婚姻中に取得したマイホーム、この住宅を離婚の時にどうするのか。

 

大きくは

 

  • 自宅を売却する
  • そのままどちらかが住み続ける

 

になりますが、ここでは売却する場合の問題点について解説します。

 

 

 

アンダーローンとオーバーローン

まず離婚時に自宅を売却しようと思った場合、住宅ローンの残高がどのくらい残っているのかが一番の問題点です。

 

住宅ローンの残高が、売却できる金額よりも下のあることを「アンダーローン」の状態といいます。

 

反対に自宅を売却して手元に入る予定の代金が残っている住宅ローンに満たない場合を「オーバーローン」の状態といいます。

 

売却した代金で住宅ローンを完済できる
=アンダーローン

 

売却した代金で住宅ローンを完済できない
=オーバーローン

 

このどちらかであるかによって大きく変わってきます。

 

 

アンダーローンの場合はどうなる?

 

まずアンダーローンの場合は、自宅を売却しその代金で住宅ローンを完済すればほぼ大きな問題はありません

 

あとはどれだけ高く売るかということだけが重要になってくると思います。

 

売却価格が問題

 

 

  • どうやってその住宅を高く売るのか?
  • また売却してローンを返して残ったお金はどうなるのか?

 

などについてはさらに詳しくアンダーローンについてのページで解説します。

 

 

 

 

オーバーローンの場合の問題点は?

 

問題なのはオーバーローンになってしまう場合です。
オーバーローンとは債務超過のこと。

 

この場合は、自宅を売却しても足りない分のお金を他に用意しなければ売買そのものができません

 

現金で用意するなり、他で借り入れを起こすなどしてでもその差額分を用意しないと売却はできないのです。

 

ローン残高を用意しなくては売却できない

 

売却ができないのですからオーバーローンの場合は、そのままどちらか(もしくは2人)がそのまま住宅ローンを払い続けていかなくてはなりません

 

これを滞納してしまうと「競売」にかけられ、自宅は第三者の手に渡ってしまいます。

 

ただし、競売にかけられる前に「任意売却」という方法で金融機関と相談の上で売却できる可能もあります。

 

また新しい形として「リースバック」という方法も注目されています。
これは自宅を売却しますが、買主に賃料を払って今度は賃貸住宅としてその家に住むというものです。

 

オーバーローンになってしまう場合の様々な問題、

 

  • 競売の仕組み
  • 任意売却の話
  • リースバックとは?

 

についてはさらにオーバーローンについてのページで解説しています。

 

 

実際にはオーバーローンになってしまうケースが多い

 

住宅ローンの残高は

 

離婚して持ち家を売却する場合、アンダーローンの状態で収まってくれれば問題はあまりないのですが、実際にはオーバーローンになってしまうことが多いようです。

 

購入時に余程頭金を多くいれたというのでもない限り、新築で住宅を建てて返済を開始してから10年くらいではまだまだオーバーローンになっています。

 

中古住宅ですとアンダーローンで収まることが多いのですが、新築住宅の場合は、建築時に新築としてのプレミアム価格が上乗せになるので、一般的な評価価格よりも高くなっています。

 

オーバーローンのケースが多い

 

この評価価格でローンの上限が決まりますので、住宅の購入計画を立てている時には、市場の相場よりも多く借り入れを起こしていることがほとんどなのです。

 

マイホーム購入時は夢もありますし、月々の返済額が支払える範囲なら限度額のギリギリまで借りてしまうことが多いと思います。

 

 

自動車でも新車は高いですが、ほとんど走っていない(総走行10キロなど)新古車は一気に価格が下がります。
住宅もこれと同じ。

 

新築の時の価格はプレミアム価格で評価されているため、少しでも住んでしまうと中古となり価値は一気に下がります。
売却価格は「え?これだけ?」となってしまうことが多いのです。

 

ただし、これは建物場合の話。

 

土地はその時の相場によって大きく価格が変動します。
ですので建物の価格が下がっても、土地の価格が上がっている可能性もあります。

 

離婚時はいろいろ他にも問題が山積みですが、なんとか自宅がいくらで売れるのかについてはしっかり査定をしてもらって、妥協しないで出来るだけ高く売る戦略を立てていきたいものです。

 

 

 

いくらの査定がつくかも重要

【離婚と住宅ローン】持ち家を売る(売却)場合の問題点記事一覧

アンダーローンで売却する
離婚後自宅をアンダーローンで売却する場合のポイント

婚姻中に取得したマイホームを離婚時に売却しようと決めた場合、その住宅が今、アンダーローンの状態なのか、オーバーローンの状態なのかで大きく状況は変わります。難しくなるのはオーバーローンの状態の時で、アンダーローンの状態の場合は、売却した代金で住宅ローンを完済できるので比較的問題は簡単です。アンダーローンの場合はどうやってその住宅を高くスピーディに売るのか?というところが一番のポイントになってきます。...

Read More
オーバーローン,債務超過,競売,任意売却,リースバック
離婚時にオーバーローンになってしまう場合の自宅の整理方法

結婚時に購入したマイホームを離婚の際に手放す場合、その住宅のローン残高がどのくらい残っているのか大きな問題です。自宅を売却した代金が住宅ローン残高を上回る場合はアンダーローンの状態ですので問題はありませんが、下回る場合はオーバーローン(債務超過)の状態といい、不足分を用意できなければ売却はできません。例えばローン残高が2,000万で売却できる価格が1,800万である場合200万をどこかで用意してこ...

Read More
リースバックで自宅を守る
リースバックとは|競売・任意売却で自宅を手放さないもう一つの方法

住宅ローンが払えなくなってしまった場合、アンダーローンなら一般売却でローンを完済、これができないオーバーローンの場合は、競売や任意売却になってしまいます。ですが、ここにもうひとつの道「リースバック」というものがあります。このリースバックとは正式にはSale and leaseback(セール&リースバック)といい、賃貸借契約付き売却のことを言います。家を売った代金を受け取り、その後は買主に賃料を払...

Read More
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
ページの先頭へ戻る